美容整形ガイド~プラセンタ注射編

お役立ち知識が満載!プラセンタ注射の施術を受ける前に知っておきたい情報をまとめています。

あなたの美容整形にまつわるお悩みを一挙解決!

全国の有名美容外科の口コミ情報から、お悩み別にまとめたオススメ美容外科まで、美容整形のクリニックに関する厳選情報をご紹介。せっかくやるなら失敗したくない…そんなあなたにピッタリの美容整形クリニックをご案内します。

プラセンタ注射とは/ニキビで悩んでいる方

プラセンタ注射とは

プラセンタというのは、妊婦と胎児をつなぐ架け橋となっている胎盤のことを意味します。豊富な栄養分が含まれており、肝機能の改善や生理不順・更年期障害の軽減など様々な健康パワーを持っていることで注目されています!注射以外にも点滴やサプリメントなど、身体に取り入れる方法は色々と知られているんですが、美容のために用いる時には注射するのが普通です。ちなみに、1回の注射では2アンプルを使うのが一般的。高いアンチエイジング効果があり、ニキビはもちろんのこと、美白・たるみの解消など肌の若さを取り戻すことも出来る画期的な治療ですから、手軽に若返りたい方にプラセンタ注射はオススメです!

向いている人
  • ニキビや肌荒れを治したいけど、メスを使うような大がかりな治療は怖いという人!
  • 時間や負担をかけないでツルツルの肌を取り戻してみたい人!
  • ホルモンバランスが崩れてニキビなどの炎症が治らなくなっている人!
  • 血行不良で目の下にくっきりとクマができている人!
  • アンチエイジングという言葉に強く惹かれるタイプの人!
施術方法

基本的にはプラセンタを注射するだけなので、思いっきりお手軽です!打つ場所は腕やお尻が一般的。血流に乗って循環するため、打つ場所は患部でなくても大丈夫なんです。ただ、目のクマを治す場合には目の下あたりに打ったり、場合によっては特定の部位にピンポイントで注射することもあるみたいで、細かな部分は医師の判断にもよるでしょう。どこに打つにせよ、ほとんど痛みもない簡単な注射ですから不安・恐怖を覚えない治療ができますよ!

メリット

最大のメリットは、その手軽さです。注射1本で高い効果を期待できるという魅力が、プラセンタ注射の嬉しい特徴。またアンチエイジングや肌の回復全般に効果的なので、ニキビだけでなく他の不調まで解消する可能性があるのも嬉しいですね。

リスク

アレルギー体質の場合、赤みが出る・倦怠感(だるさ)を感じるなどの副作用が起こる可能性が指摘されているようですが、重篤な副作用は特に報告されていないみたいです。ただ、プラセンタ注射をしている場合には献血ができなくなるという目立ったデメリットがあることは覚えておきましょう。(別にプラセンタ注射が危険なわけではなく、プラセンタ注射経験者の血を輸血に用いた場合の安全性の証明を厳密に保証するだけの実験・検証がまだ行われていないというだけの話です)

価格相場
  • 1本あたり¥4,000前後。

※あくまで一例です。詳しくは直接クリニックへお問い合わせ下さい。

この治療が得意なクリニック
Q&A
ニキビ以外にどんな症状に効果があるの?

基本的に、肌のアンチエイジングに関わる問題であれば多くに効果を期待できます!メラニンを排出させる作用があるのでシミの改善や全体的な美白も可能ですし、若返り効果でシワ・たるみ・赤ら顔をなくすこともできちゃうんです。美容以外であれば、肝機能の低下を改善したり、更年期・生理不順の治療にも実績があります。プラセンタ注射は身体の様々な部分に作用するアンチエイジング治療ですから、幅広いお悩みに対応できる救世主といえるでしょう!

プラセンタって具体的な有効成分はいったい何?

プラセンタ注射で用いる注射液は2種類あって、それぞれに成分が異なります。原料はどちらも人の胎盤なんですが、製造工程の差異で違いが出るということですね。商品名メルスモンと呼ばれるプラセンタ注射液は各種アミノ酸(リジン・アルギニン・アラニン・ロイシン・アスパラギン酸・グリシン・グルタミン酸・セリン・イソロイシン・バリン・ヒスチジン・フェニルアラニン・シスチン・チロシン・メチオシン・スレオニン・プロリン)ミネラル(カルシウム・カリウム・リン・ナトリウム・鉄・マグネシウム)核酸関連成分(グアニン・アデニン・シトシン・ウラシル・チミン)とキサンチンです。一方の商品名ラエンネックというプラセンタ注射液は諸種の核酸塩基・アミノ酸・サイトカイン・ペプチド・糖質など水溶性成分となっています。(これらの情報は添付文書に基づいています)

プラセンタ注射が原因で細菌・ウイルスに感染する可能性はない?

加熱処理や水蒸気滅菌処理・高圧蒸気滅菌などが行われているため、殺菌やウイルスの不活性化は充分に行われているといえるでしょう。HIVウイルス・成人T細胞白血病ウイルス・B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルスなどの危険なウイルスについても必要充分な対策が取られているため、心配はありません。プリオン病や変異型クロイツフェルト・ヤコブ病の発症報告もありませんから、その点についても安心してください。そもそもプラセンタは美容に活用され始めたのが比較的最近というだけで、薬剤自体はメルスモンが1956年、ラエンネックが1974年に発売されているんですね。長くにわたって用いられてきている歴史ある薬ですから、過度に警戒する必要はないと思いますよ。

美容外科口コミ総合ランキング 結果はこちら

このページのトップへ